WORKS
& INFO

赤毛のアンの家 – 千葉 東京23区

1908年、カナダ東部プリンスエドワード島を舞台に描かれたL. M. Montgomeryの小説「赤毛のアン」が出版されました。
主人公「アン シャーリー」は、孤児として転々と住まいを変え、最後にたどりついた家がプリンスエドワード島に佇む「グリーンゲーブルズ ハウス(緑の切妻の家)」でした。

小説のファンの方はもちろん、カントリーライフを楽しみたい方、トラディショナルで飽きのこない
この外観がお好きな方など、どなたにとっても暮らしをお楽しみいただける住まいです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

NEW WORKS